石塚木工製作日記・猫の手借りて家具つくり

八ヶ岳の注文家具屋の作業日記と身辺雑記。 手作り家具の工房の、従業員は猫だった! クリックで画像拡大。 (カーナビで、お越しの際は、一本手前の道を案内されがちです。高川の橋を 渡ってください。うちの看板が右にあります。)                     

石塚木工製作日記・猫の手借りて家具つくり イメージ画像
ご訪問ありがとうございます。 よかったら、クリック!ありがとう! にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

更新情報

あたたかくて、窓もドアも開け放し!ちび子ちゃんは、気持ちよすぎて、 転がるので、ごみだらけです。そこがまた可愛いんだからしょうがない。 作業場では、ナラで棚をこしらえています。白州のTさんのご依頼のものです。 工場長は、毎晩、簡易サウ
『ちび子、ごみだらけ』の画像

今日は、女子フィギュアの日で、大いに楽しんだけど、女子初の三回転半トリプルアクセルを決めても、 真央ちゃんは、次点に甘んじた。難しいことは分からないが、あれ?って感じ。 解説の八木沼純子さんの、お声が、柔らかくて、深くてよかった。 男子の時の
『座布団三枚』の画像

高根町の英語教室の、看板を立てに行く。小さいけれど可愛らしい教室の内部も整って、 今日から、無料体験教室も始まりました。学校帰りの小学生が、「こんにちは!」と挨拶しながら 通り過ぎ、幾人かは英語教室に楽しげに入ってゆきました。ありがとう
『看板立てて』の画像

おだやかな日和。信州富士見のヤドリギスポットを通った。カメラと、高枝切鋏を持参して。 「撮るだけ」でもいいけど、できれば「採りたい」なと・・・・。 ありました。広大な畑の畦道です。比較的、低い位置にあるな!と、かねて目をつけていた木です。 霜融
『ヤドリギ追って』の画像

「猫の恋」は、俳句の季語で、ちょうど今、オス猫で半野良の福太郎が、騒いでいる。 「ア~オ~、オレってかっこいいんだぜ~~」と、さかんにマーキングしてアピールしているが、 うちにいるのは、手術済みの猫ちゃんばかりなんだから、誰も相手にはならない。
『猫の恋』の画像

一歩入ると、長野県なので、甲府へ行くよりも、諏訪へ行くことが身近です。 諏訪地方は、諏訪大社があり、7年に一度、「御柱まつり」が行われます。 今年がその年に当たります。もう駅のそちこちには、このようなミニチュアの丸太が飾られ、 ポスターや、オ
『御柱まつりの予兆』の画像

こんな絵看板が出来ました。バロンちゃんのお宅に・・・どうかな? もう少し、「汚し」を加えようかと思っています。楽しいなあ。 今日は、申告の日でした。毎年同じようにやっているのに、商工会の係りの人が違うので、 毎年違うことを指導されている。「去年
『絵看板』の画像

玉石混交・・・・作りかけの家具と、生き物とが、混在する作業場。 工場長が、腰を休めようと、ストーブの傍に、試作で作ったベンチを置いたら、 さっそくチン太君が、丸くなって温まっている!おいこら! だいたい、去年は外の犬小屋にいたくせに、この軟弱
『ごちゃごちゃ』の画像

表札が出来上がりです。木の実、シジュウカラが、盛り上げてあります。 これで、風雨、耐水、耐光、なかなか丈夫なものです。 作業場の猫ちゃんたちが、なにやら、しょぼんと・・・・。 高級キャットフード、尿路結石予防の、おいしい大好きな、ごはんを、
『表札完成』の画像

楽しく、楽しく、表札つくりをしています。 明日は、シジュウカラに着色して、野苺でも描きましょうか。 作業場のストーブのそばのアパートは、今日も大入り。 一日中、雪がちらつく、曇り空で、薪ストーブと、灯油、両方焚いても、心底寒い日でした
『表札つくりかけ』の画像

今朝は、なんと、五段重ねになっていた!  こんなに乗られてはたまらない。 一匹4キログラムと計算したら、20キロ?! 巨猫、チョコ太は、8㎏以上、絶対あるから、25㎏かも・・・。 でも、寝室から追い出そうなんて、これっぽっちも思いません。 バ
『五段重ね・表札』の画像

だいぶ前に出来ていた、山桜のテーブルを、納品できました。すぐ近くのお宅でした。 大胆なカーペットの柄に、負けるな山桜。 冬季オリンピックの開会式を、なんとなく見ていたら、ひねくれ者のスポーツ音痴でも、泣けてきました。 各国の喜びあふれる
『山桜のテーブル・3』の画像

雪のちらつく東京の病院では、うつらうつらと眠り勝ちな母が、気がついて、工場長の名前を 呼んでくれたそうです。どんなにうれしかったか・・・行くことができてなによりでした。 腰痛も、高速バス乗り場まで「走った」そうですから、母が見守ってくれ
『樽の家具つくり・11』の画像

工場長の腰の具合が落ち着いたら、今度は、高齢の母(97)の意識が薄くなっているから、 来た方がいいと、連絡があったところです。高速バスの予約、いままでは、ショッピングセンターの 旅行社で、取れていたけれど、利用者が少ないのか、閉じてし
『樽の家具つくり・10』の画像

樽の椅子、背中が側板で出来ているタイプのものが、形になりました。 椅子は2タイプ出来ます。 樽の箱も完成です。彫ったブドウに、着色、さび塗料も塗りました。 ただいま、求職中の息子が一人いて、父の窮状もあり、手伝いに通ってきている。 「何する
『樽の家具つくり・9』の画像

起きる前から、今日の暖かさは感じられた。力強い陽が差し込む。 工場長は、自力で運転して、整骨院に行くという。しかも軽トラで。運転が楽な、オートマで行けといっても、 いやだ!というから、頑固はいやですね。 そんな、頑固おやじに比べ、今日の陽
『樽の家具つくり・8 花、開く』の画像

アラカンなのに、回復力がけっこう(思ったより)ある工場長。 朝は、久しぶりに、チン太の散歩に出た。大丈夫かなあ、ここでコケたらひどいことになる。 なにしろ、チン太はブレーキが効かないのだ。 「手すりがほしい」と言っていた、階段も、軽やかに降り
『樽の家具つくり・7』の画像

今日からまた、作業場からは、機械を回す音が聞こえてきます。 樽の椅子も、組み始め、「前かがみにならないで済む仕事なんか、あるもんか!」と、気炎を上げている。 そうだ!その意気、その根性。当分、箸より重いものは、持たないぞ! 窓辺では、ビ
『樽の家具・6  作業、再開』の画像

紹介された整形外科をめざして、信州茅野市へ向かう。 甲信境を越えると、木々に「ヤドリギ」を見かけるようになる。私は、このヤドリギを見つけると、 騒がずにはいられない。この形、大好きなので、ぎゃあ!あんなにあった!と叫んでは、木の下に 行ってみ
『椎間板ヘルニア!』の画像

先日の整骨院では、う~ん、これはヘルニアかもしれん・・重症です。悪くすれば手術も・・・。 といわれ、病院で調べてもらうことになった。レントゲンは撮らないとね。 さんざん脅かされ、母のことも、仕事のこともあるので、しょげかえる。 折悪し
『ぎっくり腰!・2』の画像

ぎっくり腰のおじさんは、治療の後の、もみ返しで、痛みがきつくなっていたが、今日はずいぶん 快方に向かっている。布団が重くてつらい・・・というので、 お客さん用の、ふかふか羽毛をかけてやったら、猫ちゃんたちが、大喜びで上に乗り、 一時は6匹も、
『樽の家具つくり・5』の画像

昨日は予約して、富士見の整骨院へ。ここは、スケートのオリンピック選手も利用する、 腕のいい所で、可愛らしい吉井小百合ちゃんも、来ているらしい。 2時間、みっちり治療してもらい、ぎっくり腰だといわれました。やっぱりね。 もう本人は、運転もできない
『ぎっくり腰!』の画像

予報どおり、20cmきっちり積もりました。新鮮な雪景色の中で、心浮き立つ朝です。 甲斐駒ヶ岳は、雲の中ですが、そちら方面へ向かって、白い屋根が、木工屋チン太の家です。 この角度、好きです。本当は近くに鉄塔があるけれど、除けています。 チン太は
『雪の朝のチン太』の画像

このごろの天気予報の正確さは、どうしたことだろう?雪が降るといったら、センチまでぴったり! ほんとに、もこもこ降り出して、木々はもう重さで、しなって道を塞ぎそう。20cm降るそうです。 明日の朝は、うれしいなー。チン太と一緒に、新雪踏みまくり。
『ぶどうの箱』の画像

痛む足の付け根(尻?)をかばいながらも、工場長は、樽のテーブルの足を作った。 「痛み止めを飲まなきゃ眠れない・・・」と、ぐうぐう寝ていた。さっさと整骨院か、治療院なりと、 行ってみればいいのに、まったくその気もなく。 歌舞伎の御曹司と、
『樽の家具つくり・4』の画像

今日は、神奈川から、Aさんが椅子を引き取りに見えた。帰りに清里へ行かれるとのこと。 道路の凍結が案じられる。ここは大丈夫でも、あそこは別天地。標高高いですから。 樽のテーブルは、足の部分を加工中です。工場長の足の付け根はかなり痛いらしく、足
『樽の家具つくり・3』の画像

今日は、幅が10cm~12cmしかない、樽の側板をくっつけて、形にする準備をした。 そばでは、我が家の三毛猫№2「ブチ子」が、真面目な顔でストーブにあたっている。 三毛だけでも、3匹いるのですよ。 明日の晩は満月で、今月は、一ヶ月に二回、
『樽の家具つくり・2』の画像

ずっと以前に、NHK教育で、夜遅く放映していた「アボンリーへの道」が、さらに美しい映像となって、 DVD(1・2)になっている。古いビデオしか持っていなかったので、これはぜひ欲しくて注文した。 世界一美しい島、プリンスエドワード島で繰り
『アボンリーへの道』の画像

去年の秋、オープンアトリエで、注文していただいた、 樽のテーブルと椅子のセットを、やっと開始することにしました。 東京のM山さんのご依頼です。お待たせしました。 貯えてある、樽の側板の山から、良さそうなのを、引っ張り出し、外で、グラインダーをか
『樽の家具つくり・1  始まる』の画像

小物つくりを切り上げて、また山桜テーブルに戻っています。 もう一個、ブドウの箱を調子よく彫っているけれど、ラジオが野次だらけの国会なので、 聞いていると、気分がささくれて、不機嫌になりそう。 精神衛生にとっては、いやなことは、聞かないほうがい
『山桜のテーブル・2』の画像

↑このページのトップヘ