P1210283P1210294










まるで雪解けの時期のように、春めいて、ねっとりと濃い霧に包まれた。

工場長は、作業場の増築をしたくなったらしく、メジャーを持っては、ああでもなければ

こうでもない・・・と、連日考え込んでいる。きっかけは展示室が狭いから、大物家具が置けないし、

展示室を広げる方策を考えると、作業場へ伸ばしてくるより仕方なく、結果、まず、作業場を外へ広げたい!

となるわけです。歳を考えると、今やらねば、いつやるのだ!と一人で決意しているようだ。

そんなこと、一夜にしてできるわけでもなく、ああ大変だ・・・。

男はいいよね、いつも壮大(?)な夢とプランをもっていて。

猫おばさんとしては、ああ猫ちゃんのトイレ掃除しなくちゃとか、ストーブに灯油入れなくちゃとか、

日々、瑣末なことに、意識を持っていかれ、目先のことばかり、小さい課題が目白押し。

小雨の降る今日は、外から帰った、ぽっぽちゃん、泥足のばっちいままで、テーブルに上がっている!

床には、点々と続く、梅の花模様。

可愛いね、ほんとに親孝行だよね。