P2250438P1010123










真っ黒に焼いた、土手。うっすらと向こうに八ヶ岳が写っていますが、無理かな?

肉眼では、はっきりしていたのですが・・・・。

春の風物詩。田畑の畦を、きれいに焼いて、雑草の種を駆除するのでしょうか。

故郷の田舎ではなかったことで、この辺では、いっせいに火を放つので、はじめてみた時は驚きました。

ぽつんと建っている、別荘などは、家のぎりぎりまで、火がとり囲んで、とても危険。

広報されて、日時が決まっているし、消防団も出動します。

野焼きが済むと真っ黒い畦から、もうじき、青い若草が萌え出します。

こうして、あっけなく、この冬は、去ろうとしています。

やはり、暖冬だったと思います。指がかじかんだり、アカギレができることもなく、身体的には

大変楽な冬でした。

冬、好きだから、ちゃんとまた来てね。