P3260473

家並みがなくなって、広々と田畑が広がる場所では、
さーっと、粉砂糖を振りまいたみたいに、雪が降っていました。一度、春の陽気を味わった後だから、この寒さは、こたえます。

この真っ直ぐな農道、山に向かってどこまでも登って行きたい・・・・または、上からローラースケートで、滑り降りたらどんなでしょう。
しかし、そんな若者は見当たりません。この辺の真っ直ぐな道路を、かっこいい自転車で軽快に走っているのも、中高年の人ばかり。