P1010388今は亡き、なつかしいロンちゃんの写真を取り出して、新作の額に入れた。

ハスキーにしては、
まなざしのやさしいロンちゃんを事情でお預かりして、16歳の高齢まで、共に過ごしました。

今は虹の橋で、われわれの到着を待っているだろうか。

こんな可愛いのが待っててくれると思えば、行く末もなかなか楽しみです。

当時、工房の手伝いをしていた、青年が、このようにロンちゃんをライオンに仕立てて、遊んでいたのです。

こんなふざけたマネをしていた青年も、今では、横浜の青葉区で、ちゃんとした工房を構え、日々の精進を欠かさず、忙しくしています。
リンク集の「家具工房KASHO」に、彼の展示会のお知らせがあります。
お近くの方、よろしくお願いいたします。

向こうのアズキちゃんにねらいを定め、腰を低くかまえる、がりんちゃん。
キンポウゲの中から、P1010394お尻をもこもこと、動かしているところ。