P7100004

今日は、母の納骨で、霊園にお骨を納めてきた。
初めて、お墓の中をのぞいたら土台が崩れそうで危ないですね、と管理の方に説明された。
ここにも問題は発生しているわけね。

P7100012

遅くなって、八王子の山奥まで足を伸ばし、「うかい鳥山」で、親族で食事。
どこもかしこも見事な庭園と移築された古民家の数々で、驚いた。
炉のお座敷で待っていると、鯉の跳ねる池に沿った石畳を渡って、
仲居さんが一品ずつ料理を運んできてくれる。
季節柄、涼やかな冷えた料理の後で、真っ赤に熾きた炭で鶏肉の炭火焼で大汗をかいた。
香ばしくてうまい!
飛騨から移築の合掌造りの建物は、食事の場と、古民具の展示場になっていた。
どこを見ても、整備され、ていねいな応対で、気持ちよく過ごせた日であった。

まあ、おばあちゃんは、お墓の中などでなく、縦横に空を駆って、
天の花園に辿り着いて、先に亡くなっていた家族と手を取り合っているだろうと、そう思いたい。