P1010223
薄暗い林の奥、よく鹿が出没する落ち葉の中に、
今朝は純白の物を二つ見た。
あまりに白いキノコで、形も美しく、威厳さえ漂う存在感。
調べたところ、ハラタケの仲間「ウスキモリノカサ」でしょうか。
食べられるし、マッシュルームに近いキノコのようです。
・・・・と書いたらまちがいだったようで、ミーシャさん(キノコ博学)から、これはシロオニタケあるいは、タマシロオニタケで、毒あり!テングタケの仲間でしょうとコメントをいただき、学習したところです。ありがとうございます。

私としてはタマシロオニタケがいいな。ちょっと尖がったツンツンもあるしね。

P1010224
もう一つは、まるで曇りガラスでこしらえた細工のような「ギンリョウソウ」
銀竜草です。
これは、植物図鑑で眺めては、いつかお目にかかりたいと願っていた植物です。
まだ下を向いていて、明日かあさって、顔をもたげてくれるでしょう。
銀の竜ですよ!