P9020067

ああ、うつくしい蕎麦畑。
天高く、秋の風、吹き渡ります。うれしくて、たまらない!
蕎麦の花の純白と、黄金の稲穂が、今の時期だけのグラデーションを見せてくれました。
このまま、アキアカネにでもなって、スイスイと風に乗って渡ってゆきたいものです。
まるでこの先には人家が無いように見えますが、集落もあり、別荘や保養所もあります。

こんなに豊かな蕎麦畑ですが、土は、ひび割れてカラカラに乾いていました。
痩せた土地でも育つと言う、丈夫な作物です。
しかも、おいしくて滋養豊富、年に二回も収穫できて、お花もきれい。
言うことなし。日本人でよかった