P1010051
このところしばらく、小物ばかり作っていた石塚木工。
箱とか、額とか、スツールとか・・・。

もう、これからは大きな物が続きます。
まずは、はなちゃんのお母さんに
以前から頼まれていた、大きなワードローブ。
洋服のロッカーです。

大きいので、まずは材で枠だけ作って、実際にお家に運び込めるのか
実験をしました。軽トラにやっと乗った、大きなワク。
玄関はスルー、階段の所でひっかかり、
御祖母ちゃん部屋の、ベッドをずらし、お部屋の引き戸をはずす・・・。
その前に、休んでおられた、おばあちゃんに起きていただく・・恐縮・・
階段を3人がかりで運び上げ、途中で壁のライトにぶつかる
ひいひい言いながら、ライトをはずし、それでもひっかかり、ついにダメ。
でも、なかなか、あきらめられず、角度をかえて再度挑戦。
こんなただのワクに苦戦しているのだから、本物の重さで入るわけがない!
そこに思い至って、ついに断念
ライトを付け直し、御祖母ちゃんの引き戸を直し(ベッドを直し)、休んでいただき、すごすごと敗退。
はあはあ・・・
「骨折り損のくたびれ損だね」と、はなちゃんのお母さんお父さんと大笑い。
あきらめて、現場組み立ての構造に変更しました。

そんなことまでした、ロッカーにいよいよ取り掛かります。
乾燥させていたアルダーの材料を並べたところ。