P1010060
じゃ~ん!これぞ、この冬の強い味方!新しい薪ストーブです。

なんだ、アレじゃないの・・・と思われるかもしれないが、
夏からあれこれ検討を重ね、もう薪じゃなくて、ペレットにした方がいいか、
ペレットと薪の兼用にしようか、深夜電力利用の蓄熱式にしようか・・と
あれこれ、カタログを見たりしたが、
予想外に、全速力で秋が来てしまい、もう寒いので、間に合わない。
ふと、思い出したのが、山梨に来て初めて、憧れの薪ストーブ生活に入った時、
初めて使った、この、時計型ストーブ。
25年前です。玄米ごはんもこれで炊いた記憶があります。

昔のままの鉄板の時計型ストーブは、ホームセンターで、3800円!で売っています。なつかしいです。
今回のものは、ステンレス製で、火が見える窓と、中蓋があります。
鍋も薬缶も乗るし、面倒なメンテナンスもいらない。
デザインが、レトロで可愛いから好き。なんといっても価格が安い!
煙突を固定する金具を、注文中なので、それが来たら燃やします。


横浜のクラフトマンたちが、秋のイベント「寺家回廊・2010」を開催するそうです。KASHO
参照してみましょう。ほほう・・若者たちは一週間もがんばるわけね。
家具工房KASHOでは、3本足スツールの体験製作できるようです。
チェックしてみてください。