P1010022
TVを見ていると、政治家は失態を繰り返し、
ニュースは悲惨を極め、気が滅入るものを見るのは、程々にしたい。
もっと、人として「糧」になるものを見たいものだ。

そこで「北の国から」を第一話から、見始めた。
見ていたようで、余裕の無さから、ちゃんと見ていなかった気がする。
だから、黒板親子の富良野への移住の第一歩から、新鮮に驚くことばかり。
齢を重ねた分、子供の心理も、大人の事情も今ならわかる。

今夜5話目で、工場長もすっかり、田中邦衛になってしまった。
「今作ってるベンチは、何の材?」
「ん・・・山桜・・・」
「どちらの注文なの?」
「・・・わすれた・・・」

(すみません。ほんとは甲斐市のI様のベンチを始めたのです。)

P1010021
そして我が家のストーブは、草太兄ちゃんの家にあるのと同じだ。
そのことが、とってもうれしい。
人も、猫も、やかんも、おでんもあったまっている。
・・・今夜から、冷えてきている。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット